ホーム モンテッソーリ教育について(マリア・モンテッソーリ)

マリア・モンテッソーリについてabout Montessori

マリア・モンテッソーリと『子どもの家』

マリア・モンテッソーリ(写真)は、イタリア最初の女性医学博士の一人です。
ローマ大学卒業後、障害児の治療教育に携わり、実験心理学、教育学にも研究分野を広げました。
その間、フランスの医師セガンの著書に出会い、その理論に従って治療教育を進め、大きな成果をあげました。
また、1904〜08年には、ローマ大学教育学部で教育人類学を講じました。
「障害児と取り組み始めた当初から、私が用いている方法は、障害のある子どもの教育だけにとくに限定されるものではない、と感じていました」と、マリアは書いていますが、やがて、障害児に用いた教育法を健常児にも適応する機会が訪れました。
ローマ不動産協会が貧困層向けのアパートに保育施設を設け、その監督・指導をマリアに任せたのです。
その保育施設が『子どもの家』です。
『子どもの家』(現在ではモンテッソーリ教育を実践する幼児教育施設をいう)はこうして1907年1月に生まれました。そこでの実践から生まれたのが「モンテッソーリ教育法」です。

マリアはその後、この教育法の普及と教師の養成に精力的に取り組み、多くの著作を残しました。 晩年には、平和と子どもの生命の尊重を訴える運動を展開し、ノーベル平和賞の候補にもあげられました。 マリアは、ファシズムを逃れて移り住んだオランダで亡くなりました。
その墓碑銘には、「愛する全能の子らよ、人類と世界平和のために、私と力を合わせよう」というメッセージが記されています。

ページトップへ