お知らせ詳細Information

同窓会の解散と 卒業生のための新規事業・サービス提供に関するご案内

拝啓

時下ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。
また皆様には、当財団並びに研究所の活動に際し一方ならぬお力添えを賜り、誠にありがとうございます。

さて、皆様には、「教師養成通信教育講座」をご卒業と同時に、卒業生の代表者により運営されていた 「同窓会」へとご参加いただいてまいりましたが、この度、その同窓会が解散されることになりました。
同窓会に関わられた卒業生の皆様には、当研究所の目的であるモンテッソーリ教育普及活動の一環として、全国各地での実践研修室や講演会を開催していただいたこと、また、後輩やお知り合いの方々に「通信教育講座」をお勧めいただいたこと、その他多くのご協力に対し、研究所として改めて、心より御礼申し上げます。
当財団は、3年前に内閣府の認定を受けて公益財団法人となりました。
これは、当財団の中心事業であるモンテッソーリ教育普及活動が、公益事業であると認められたことであり、これまで以上に子どもの幸せを実現するための、「教育」の重要性を世に知らしめる役割を負ったわけであります。
モンテッソーリ教育に関しましても、初の認証を受けましたことは、従来に増して、より一層の精進・努力を求められ、身の引き締まる思いを日々新たにしています。

今後は、研究所として、卒業生の皆様のための新規事業・サービスもご提供したいと考えております。
さて、そうした中で、広く世の中にモンテッソーリ教育を知らしめることを実現化する観点から、2014年度より「卒業生に向けたサービス」を新たな組織として催行していく準備を始めています。
具体的には、現在一般の方も参加が可能な「実践研修室」の卒業生版として、卒業生のみに参加が限られる(卒業生特典)、実践に役立つ「卒業生実践研修室(仮称)」を企画・検討中です。
保育の現場で、あるいは、モンテッソーリ教育の理論を一層深めていくために、「卒業生」の皆様のみがご参加いただける場の必要性を、同窓会からの遺産として引き継いでいきます。
こうした場を設けることで、現場ならではの実践例や保育の際のさまざまな悩み等を、共有・共感できる場の開設の必要性 も強く感じています。
「3000名を超える卒業生の皆様のお力を結集する場を」との意気込みをもって取り組んでいきます。

今後ともこれまでと変わらず、「教師養成通信教育講座」へのご協力を願い、本日のお知らせといたします。
新たな「卒業生へのプログラム」は随時ホームページ上にて公開いたしますので、ご期待ください。
また、これまでと同様にご理解をいただきつつ、ご意見・ご提案などを賜りますよう何卒よろしくお願いいたします。

敬具

公益財団法人才能開発教育研究財団
日本モンテッソーリ教育綜合研究所
教師養成センター 事務局
TEL03-5741-2270 Fax03-5482-5999


ページトップへ