ABOUT

才コンについて

あなたの作品をコンテストに応募しませんか?

全国児童才能開発コンテストは昭和38年に制定され、以来毎年行われている顕彰事業です。

全国児童の「豊かな感性・情操」を養うとともに、児童の基礎学力である「文章による表現・コミュニケーション能力」「創造的な表現力」「科学的な思考力」を育て、 小学生の文化的・科学的才能の育成をめざすことをねらいとしています。
そのため、全国の児童から図画、作文、科学の三つの部門で作品を募集しております。 図画部門、作文部門では、学校を通して応募を受け付けており、毎年両部門合わせて約3万点の応募があります。
科学部門では、県または市郡などで開かれる理科・科学作品展の中から、その主催団体等が推薦する優秀な作品として応募を受け付けております。
優秀作品には賞を贈呈し、その成果を広く一般に紹介しております。

  • 作文部門とは

    作文を通して、自分の思いや願いを文章で表現する力を育みます。

  • 図画部門とは

    感性や想像力を働かせながら、自分の思いを絵に表現することを狙いとしています。

  • 科学部門とは

    科学への興味・関心を深め、物事に対する知的好奇心を育みます。

毎年たくさんの作品を応募いただいています

こんな風に審査しています
令和4年度(第59回)審査会レポート

作文部門

令和4年度(第59回)受賞作品
審査の経過

 第59回の課題は「自由題」。第一次審査は教育関係者四名、児童文学作家四名の計八名により五点法で行われました。まず、佳作賞以上の入選候補作品として、学年ごとに一二六点ずつを選出し、その中から本審査に提出する上位入賞候補作品として、学年ごとに高得点のもの二十六点を選出。さらに厳選して各学年七点、計四十二点を選出しました。
 本審査では、この上位入賞候補作品について、一年生の作品から順次学年を追って審査が進められ、各学年の最優秀作品が決定しました。
 文部科学大臣賞低学年の部および高学年の部を決める最終段階では、まず一年生から三年生までの最優秀作品三点について討議され、一年生の『しゃわあがこわい』が低学年の部の文部科学大臣賞に決定しました。続いて四年生から六年生までの最優秀作品三点について討議され、五年生の『私の始まりの物語』が高学年の部の文部科学大臣賞に決定しました。

総評 文部科学省教科調査官 大塚 健太郎

 社会生活の制限が続くからでしょうか。今回も、自分に関わる人との関係を見つめなおす作品、命の尊さを感じる作品、自分と向き合いどのように生きていこうか考える作品などが目立ったように感じました。どの作品からも、自分と関わる人たちや社会も含めて今を生きることを大切にしていこうとする力強い思いが伝わってきました。作品から伝わる思いだけでなく、起承転結の構成が工夫されていたり、場面の様子が生き生きと表現されていたりと、受け止めた体験を伝える表現の仕方についても素晴らしい作品ばかりでした。
 ところで、自分の思いや考えを他者に伝わるように作品にまとめるには、体験を素直な気持ちで感じ取ることが大切です。身近な話題であっても、その経験から何を感じるかが大切な一歩です。そして、その思いや考えを自由な言葉と構成で表現してみようとする積極的な気持ちが必要でしょう。さらに、文章を書き進めるには、自分と対話し、その出来事と関わる全ての事柄に目を向け、つながったり見つかったりした出来事や思いや考えを、ひとまとまりの作品としてテーマに沿って構成し、個性豊かな表現で描き上げなければなりません。
 文章に書いてまとめるということは、そのどの過程においても言葉は磨かれ、最後には自分にとっての意味が見いだされる素晴らしい営みであります。作文コンクールに参加された皆さん。これからも、様々な場面で書き続けていってほしいと思います。
 最後になり申し訳ございません。入賞者のみならず子供たちの好奇心、願い、夢、頑張りを支えてくださっている保護者の皆様。それらの経験を文章にまとめるご指導をされている学校関係者の皆様。これからも、子供たちの成長を言葉とともに見守っていっていただければ幸いです。

全文を見る
本審査 審査員 敬称略・五十音順
大塚 健太郎(文部科学省教科調査官)/岡 信子(日本文藝家協会理事)/寺井 正憲(千葉大学教授)/藤田 のぼる(日本児童文学者協会理事長)/山本 省三(日本児童文芸家協会理事長)

図画部門

令和4年度(第59回)受賞作品
審査の経過

 第59回の課題は「自由題」。第一次審査は九名の審査員によって行われました。
 まず、第一段階として全応募作品を学年順に審査し、佳作賞以上の入賞作品として学年ごとに一二六点ずつを選出しました。引き続き第二段階として、全審査員による上位入賞候補作品の選出に入り、学年ごとに本審査に提出する作品を、二十七点ずつ選出しました。
 本審査では、この上位入賞候補作品について、一年生の作品から順次学年を追って審査が進められ、各学年の最優秀作品が決定しました。
 最後に、一年生から三年生までの最優秀作品三点の中から文部科学大臣賞低学年の部が、四年生から六年生までの最優秀作品三点の中から文部科学大臣賞高学年の部が選出されました。
 審査では、構図、色彩、手法、テーマ等について審査員の活発な議論がかわされ、文部科学大臣賞受賞作品が決定しました。

総評 文部科学省教科調査官 小林 恭代

 今年も全国児童才能開発コンテストに、たくさんの作品が寄せられました。
 皆さんの絵から、大好きなこと、思い出に残ったこと、感動したこと、伝えたいことなど、たくさんの思いが伝わってきました。今年は、久しぶりに地域のお祭りやイベントが再開されたこともあったからでしょうか。昨年以上に、楽しい気持ちが伝わってくる作品が多かったように思います。審査員の先生方と、一枚一枚の絵を丁寧に、そして楽しみながらじっくりと見させていただきました。
 今、私たちの生活は日々変化していて、その速さにはおどろくばかりです。私たちの生活はとても便利になり、多くのことをコンピュータやロボットがしてくれるようになりました。では、このような時代に、人間だからこそできることは何でしょうか。皆さんもぜひ考えてみてください。
 答えは一つではありませんが、変化の大きい今の時代には、その変化を前向きにとらえ、自分で考え、表現していくことがいっそう大切になります。
 絵に表すことを通して、皆さんは様々な力を身に付けているのです。例えば、自然の美しさに感動したり、人とのふれあいに温かさを感じたりするなど、さまざまなものや出来事を心に感じ取る力。「こうなったらいいな」「こんなことをしてみたいな」と、豊かに想像する力。自分が表したいことを見つける力や、どうやって表していくか考える力。表したいことに合わせて材料や用具を使う力や、表し方を工夫して表す力。うまくいかないときでもあきらめず、粘り強く最後までやりきる力・・・、他にもまだまだあります。自分の思いをもとに表現することは、人間だからできること、そして心豊かなことでもあるのです。
 生活の中で、自分が今どんな力を働かせているのかな?ということも、時々ふり返って考えてみてください。自分が成長していることを感じられると思います。そして、どうぞこれからも、自分らしさを大切にし、絵に表すことを楽しんでいってください。
 先生方、保護者の皆様には、子供が様々な思いをもっていることを心に留め、あたたかく見守っていただいていることと思います。これからも、その子のよさや個性を認め支えていただきますようお願いいたします。来年も、多くの皆さんの表現の輝きに出会えることを心より楽しみにしています。

全文を見る
本審査 審査員 敬称略・五十音順
黒井 健(絵本作家)/小林 貴史(東京造形大学教授)/小林 恭代(文部科学省教科調査官)/田窪 恭治(美術家)/水島 尚喜(聖心女子大学教授)

科学部門

令和4年度(第59回)受賞作品
審査の経過

 各都道府県または市単位の科学作品展の主催団体等からの推薦一一九点と、新型コロナの影響等で作品展が開催されなかった地区からの学校長推薦一三点の計一三二点で審査が行われました。
 まず、上位入賞候補作品を学年ごとに八点ずつ選出しました。その中からさらに学年ごとに三点ずつを選出し、計十八点を文部科学大臣賞候補作品として中央審査会に提出しました。
 中央審査会では、これらの候補作品について四つのポイント(テーマの選び方と内容・研究の方法・結論と発展性・まとめ)により一点ずつ厳しく審査し、加えて全体に子供らしい創造性があるかどうかについて検討がなされました。
 次いで審査員全員による合同審査が行われました。合同審査では、各審査員が学年ごとに推薦する作品について一点ずつ審査され、それぞれについて活発な議論がかわされたあと、文部科学大臣賞低学年の部および文部科学大臣賞高学年の部の二作品が決定しました。

総評 中部大学特任教授 黒田玲子

 新型コロナウイルスによる影響を受け始めて3年が経ちました。以前の生活に戻りつつありますが、依然として感染拡大が繰り返されるため、子供たちの自由研究への取り組みや各地における審査会への支障も払拭されたわけではないと思われます。しかし、そのような社会状況の中でも、第59回全国児童才能開発コンテスト科学部門には例年のように多数の優れた作品の応募があり、大変嬉しく思いました。
 各作品は、子供が学校の学習で体得した知識などをベースに、ものの見方・考え方の広がりと深まりの過程を、工夫をこらしながら科学的に記録したものといえます。毎回驚かされたり感心させられたりで、わくわくしながら審査にあたっています。
 今回、最終審査に残った各学年3点、計18点の研究作品はいずれもレベルの高いもので、次のような観点で審査されました。
●子供の発達段階相応の題材や内容、考え方で研究されているか。
●科学的な手法で研究が深まりをもっているか。また、継続研究の場合、方向性や進展性は適切かどうか。
 長年審査に参加していますと、大学生でも顔負けというような作品がありますし、何年も継続して研究をしている熱心な子供が少なくないことにも気付きます。また、残念ながら中央審査会まで上がってこなかった作品でも、夢中になって研究に取り組んだ子供の姿が目に浮かびます。今後も多くの子供たちが、物事に対して「なぜかな?」「調べてみよう」「解決してみよう」という気持ちをもち、科学への興味・関心を深めてくれることを期待します。

全文を見る
本審査 審査員 敬称略・五十音順
有本 淳(文部科学省教科調査官)/黒田 玲子(中部大学特任教授)/篠田 謙一(国立科学博物館館長)/白井 克彦(早稲田大学名誉顧問)/露木 和男(元早稲田大学教授)