日本モンテッソーリ教育綜合研究所

日本モンテッソーリ教育綜合研究所

日本モンテッソーリ教育総合研究所は、日本モンテッソーリ協会(1968年創立)の「教師養成センター」として、1976(昭和51)年にスタートしました。「教師養成センター」は、全国の人々を対象にする通信教育によって、モンテッソーリ教育を3歳〜6歳の幼児対象に実践する教師養成を目指し設立されました。当時、日本においてもモンテッソーリ教育に注目する人が増加し、教師の養成が急務になったことにともなう措置でした。設立と同時に「モンテッソーリ教師養成通信教育講座」を開講。第一期生を募集し、1978年には二年間の受講を終了した最初の卒業生109名を送り出しています。

1977年、当時の国立教育研究所所長であり、日本モンテッソーリ協会会長でもあった平塚益徳先生の提唱によって「日本モンテッソーリ教育研究会」が設立され、「教師養成センター」は同研究会に継承されました。1979年同研究会は「日本モンテッソーリ教育綜合研究所」と名を改め、1985年からは「財団法人才能開発教育研究財団」の幼児教育普及部門となり、財団の掲げる「健康で豊かな子どもたちの育成」という目的のもとに、さらなる活動の地盤を固めて参りました。

2011年、公益財団法人として認定を受け、現在は「公益財団法人 才能開発教育研究財団 日本モンテッソーリ教育綜合研究所」として活動しています。

組織と事業

教師養成センター

通信教育という学習方法を核にし、モンテッソーリ教師養成機関としてモンテッソーリ教育を実践している全国の幼児教育施設への貢献を目指しています。通信教育以外にも、各種理論・実践講座の開講、海外団体施設視察企画、モンテッソーリ関連書籍の発行など活動は多岐にわたります。専門性の高い幼児教育関係者のみでなく、初心者も含めた広く一般の方々に対しても、丁寧にモンテッソーリ教育をお伝えしていきます。

教師養成

モンテッソーリ教育に実践現場で取り組む方、プロフェッショナル向けの通信教育とスクーリング、Webでのe-ラーニングを駆使した教師養成コースです。

  • 通信教育講座 2歳半〜6歳コース (2年間)
  • 通信教育講座 0歳〜3歳コース (1年間)

入門講座

Webでのe-ラーニング教材を使用した、教育関係者以外の方にも手軽にモンテッソーリ教育の考え方、実践を学べる入門講座です。2018年度開講予定。

  • モンテッソーリ教育入門講座(e-ラーニング)

実践研修室

土日を中心に開講する、『日常生活の練習』『感覚教育』『言語教育』『算数教育』などの分野別、年齢コース別のモンテッソーリ教育 理論・実技基礎講座と専門講座。環境設定の仕方や具体的な用具・教具を示しながら、理論と実技をバランスよく総合的に伝えていきます。

  • 理論・実技基礎講座(コース、分野別)
  • 「プレ上級算数」講座
  • 「上級算数」講座
  • 「文化教育」講座
  • 「教材作り」講座
  • 移動実践研修室
  • 自習室
  • 開設講座は、年度によって変更があります。

附属「子どもの家」

研究所附属の幼児教育施設です。2歳6か月から就学前までの子どもたち40名弱の通う幼児部では、異年齢混合クラスを核にしたモンテッソーリ教育環境で子どもたちが日々活動をしています。3学期制、幼稚園型の幼児教育施設(認可外施設)。
子どもたちが本来持っている『自己教育力』(自分で育とうとする力)を大切にして、一人ひとりの自立をめざします。自分自身を大切にし、活動的、知性豊かであるのと同時に、自然に他者への配慮ができる子どもを育んでいます。
水曜日には、アフタースクールの学童を対象とした小学部を開設。その他、1歳6か月前後の子どもと親向けの体験教室「たんぽぽクラス」や、夏期限定でモンテッソーリ教育を体験できる「夏期教室」などを実施しています。

才能開発教育研究財団

公益財団法人 才能開発教育研究財団
日本モンテッソーリ教育綜合研究所

〒146-0083
東京都大田区千鳥3-25-5千鳥町ビル

  • 03-5741-2270
  • 03-5482-5999